結婚相談所 東京

2007年12月31日

2007年の洋さん♪

先日旬くんの1年を振り返り、一昨日はわたしの観劇記録をまとめたので、今日は洋さんの1年を振り返ってみる事に。。。

わたしにとって、今年はとにかく”洋さんに振り回された(?)1年”でした。(*≧m≦*)ププッ
ビローン卿にジェイクイズ、イアゴー。
そしてなんといっても「SP」での佐伯氏。
最後の”サプライズ”には本当にビックリでした。
だってあまりに急な出来事だったんだもん。。。
しかも映像での洋さんは、今まで舞台1本でやっていたとは思えないほど違和感なく、ピタッとハマッていて、改めて洋さんはスゴい人なんだな〜と実感。
洋さんのファンで良かったなぁとつくづく思った瞬間でした。

わたしは洋さんの、
”一歩まちがえれば主役を食ってしまうかもしれない、でも決してそうはならない、そしてその主役を最大限に引き出させる演技。洋さん自身が際立って”輝く”わけではないけれど、それでもあの独特な存在感”が大好きなのだ!
そしてなにより、どんな役を演じても、必ず洋さん演じる役は”人間味”にあふれている。
そんなところもグッとくるところなんだよね〜♪

来年公演される「リア王」でのエドガー。
戯曲を読まないで挑むつもりだったのが1日で読破してしまい。。。
本当に洋さんエドガーが楽しみでならない。
洋さんがどのように鋼太郎さんを”身投げ”から回避させるのか。
エドガーがつくりだす不思議で独特な劇空間。
その場面がものすごーく楽しみだ〜♪
(あれ?ちょっとネタバレたか??)

とにかく!!!
今年は、洋さんが違う役を演じるたびにどんどん好きになっていった1年でした。
う〜ん、なんて幸せな1年だったんだろう。




そうそう、そう言えば”アンケート”も実施中でしたね。
一応明日までとなっていますが、だいたい投票も落ち着いてきたので”結果発表”です♪

でもね、考えたらこれは完全に”好み”よね。
どの役柄も”洋さん”である事は変わりないのに。。。
とても難しいアンケートでごめんなさいっ(>_<)
それなのに本当にたくさんの方が投票して下さり、ただただ”感謝”のひと言です。
投票して下さったみなさん、ありがとうございました。m(_ _)m


投票数70票。

1位:「オセロー」イアゴー 39票
2位:「恋の骨折り損」ビローン 24票
3位:「お気に召すまま」ジェイクイズ 7票

以上のような結果となりました。

アンケート開始のころはイアゴーとビローンが競ってたんですが、結果的にはやはりイアゴーでしたね。
わたしもあのイアゴーは一生忘れられません。

さらに投票とともにたくさんのコメントもいただきまた。
本当に嬉しいかぎりです。(T^T)
詳しい結果はこちらからご覧になって下さいませ。

(↑のアンケートに佐伯氏を入れたらどんな結果になってたんでしょうかね。(*'ー'*)ふふっ♪)


今年最後には映像の世界のデビューも果たし、ますます目が離せなくなった洋さん。
来年はどんな姿を私たちに魅せてくれるのか。。。
本当に楽しみです♪

posted by なっつん at 09:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 高橋洋さん

2007年12月28日

2007年観劇記

というわけで今年ももう終わりですね。
今年観た舞台の総まとめでもしてみますか。

1月「朧の森に棲む鬼」
2月「コリオレイナス」
  「ひばり」
3月「恋の骨折り損」3回
4月「コンフィダント・絆」
  「まつさをな」
6月「藪原検校」
7月「船上のピクニック」
  「お気に召すまま」3回
8月「エレンディラ」
  「ロマンス」
9月「Blue Spring」
10月「オセロー」4回
11月「カリギュラ」2回

今年のわたしの中でのテーマは「いろいろな舞台を観て、自分にあったものを見つける事」でした。
去年、蜷川舞台にハマってしまったわたし。
でも蜷川さんの作品以外のものを観ないで、はたして本当に蜷川作品が好みなのか?という疑問も出てきた本音。
だから今年はとにかくおもしろそうな舞台は観よう!ってのが目標でした。

でも、でもね。
蜷川さん、働きすぎっす。(^▽^;)
小さい子持ちの専業主婦にとって、そうそう観劇ってのもね。限度があるわけで。。。
でもやっぱりニナガワ作品、1度は観ておかなきゃならんし。(と自分で決めつけている。)
洋さん出演作品は3回は観たいし。(これがイカンという噂も。)
ということは、必然的に他の舞台まで行き着けないのが現状でした。
観たくても観られなかった作品、多々あり。。。

そんなこんなの2007年観劇記。
わたしの中での今年度No.1は・・・




「コンフィダント・絆」に決定!!!


誰々??「オセロー」だと思ってた人は??(*≧m≦*)ププッ
いやね、実際、とっても迷った2作品。
思い入れの深さをとったら間違いなく「オセロー」です。
でも、”作品”としてみたら「コンフィダント」。
あの5人だけの濃密な時間は本当にすばらしかったです。
人間の心を丁寧に描いた舞台。
たまりませんでした!

「オセロー」はね、やっぱり戯曲の内容に”?”と感じる点が多々あるのでね。
それでもやっぱりイアゴーを演じた洋さんの内に秘める”演じるということへのこだわり”のようなものを目の当たりにさせられ、洋さんのスゴさを再確認。
どっぷりハマった「オセロー」でした。
わたし、あまりにイアゴーという人物に魅せられ、大阪まで行ってしまいましたからね。(^▽^;)
文句なく次点です。
というか、この2作品を比べるのもおかしいか。
まったくタイプが違うし。
なので、同一1位ということで。。。

そしてやっぱり「カリギュラ」も捨てがたい。
小栗旬演じたカリギュラ皇帝はすばらしかったし、何よりあの世界観がよかったです。
というかわたし、「カリギュラ」をあげるとしたら、それとともに「ひばり」もあげたい。
カリギュラもひばりも台詞劇。
台詞を通して舞台とは別の世界が観えたってところに感動しました。
と、今気がついた。2作品とも翻訳が岩切正一郎さんでしたね。
彼の翻訳が気に入ったって事か??


あとはですねえ、収穫としては、どうやらわたし「劇団☆新感線」が苦手のようです。
もちろんあのエンタメ性はとてもよかったし、興奮しました。
でも、なんていうか観終わった後、自分の中に”余韻”が残らなかったんですね。
この”余韻”ってヤツがわたしの中で結構鍵をにぎっているもので。
観劇後、電車の中で「さ、次々!」と頭を切り返していましたから。。。


あと今年は”生”で観られなかった分、映像での舞台をたくさん観ました。
そんな中での収穫は、
「野田秀樹」の天才ぶり!
しかも演出などが蜷川舞台とは正反対で、抽象的な作り。
だからわたしの脳みそはフル回転。そしてその抽象的な表現とコトバがうまく紡ぎ合っていく事ができると、実におもしろい野田作品。
やっぱり「THE BEE」、生で観たかったです。
映像であれだけ強烈だったので、観終わった直後は「生で観なくてよかったー」なんて思ったのですが、時間がたつにつれてやっぱりあの恐怖を肌で感じたかったなと。
「キル」はね、来年どこかで時間を無理矢理作って行ってやるぅ!
もうこうなったら意地ですよ。(笑)

そんなわけで、結局今年も蜷川舞台がメインの1年となりました。
でもやっぱり蜷川作品、好きだなと感じた1年。
そう再確認できただけでも良しとしますか。


みなさんの今年No.1は何ですか?


来年はどんな舞台に出会えるのかな。
またいい作品に巡り会えるといいな。

posted by なっつん at 09:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 観劇

2007年12月24日

今更ながら佐伯洋さん!!!

ここ2、3日、ちょいと滅入っていて、ブログに手をつけることが出来なかったんだけど、ようやく復活!!!


で、今更ながらこの前の「SP」での洋さん。

いや〜、よかったよね〜。
本当に。
いろいろな意味をこめて、、、すべてひっくるめてよかった。

舞台人である洋さんの、身体能力、本当に些細な演技、表情・・・すべてが活かされていたと思う。
ホントね、本広克行&高井一郎コンビ、よくぞここまで見抜いてくれたって感じ。
なんだかとってもうれしかったんだな〜。

映像での洋さんはどんなふうに映るんだろうってドキドキしながら見始めたんだけど、なんのなんの。普通にとけ込んでて、(そういえば作品自体に自然にとけ込むのも洋さんの演技のすばらしいところだよね♪)そしてメチャクチャかっこよくって。(≧▽≦)
ドラマが始まってすぐに登場したときには心のなかで悲鳴あげてましたよ!
隣で痛がっている旦那がいたので、あくまで”心のなかで”ね。(*'ー'*)ふふっ♪

しかし、あれだけのSPとしての能力を見せておきながらつっつんの目に止まらなかったのがなんとももどかしい(>_<)
昔は兄弟だったでしょうが!!!
あわよくば岡田くんと一緒に警護課4班に入れたのにぃぃぃ。


これから映像の世界にもどんどん出ていく事になるのかな。
あまりたくさんメディアに登場しなくていいから、なんか”話のある””良い映画”あたりに出演してほしいな〜なんて、ファンの勝手な要望なのでした(^▽^)/

しかし驚いた。
”映像効果”ってホントスゴいのね。
「SP」が放送された直後、このブログとHPのアクセスがものすごい増えたの。
しかも検索ワードが「高橋洋」「SP」。
初めてこの日、「小栗旬」検索をぬいて、堂々のトップを飾ったのでした〜/
それほど洋さんの演技がみんなの目が止まったって事よね♪
スゴいよ、洋さん!!!

そしてさっき気がついた。
「SP」が放送された22日は「*colorless*」誕生の日でもあったのだ。
なんて偶然!こんなことでもちょっと嬉しかったりしております。(*'ー'*)ふふっ♪

posted by なっつん at 09:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 高橋洋さん