結婚相談所 東京

2007年07月30日

「お気に召すまま」東京楽観劇

okinimesumama2-1.jpg
「お気に召すまま」東京千秋楽観劇

2007年7月29日(日)
@Bunkamuraシアターコクーン
A席中2階下手側

1回目の観劇はこちら
2回目の観劇はこちら

今まで3回観劇した中で一番完成度が高かったような気がする千秋楽。
みなさん1つ1つの演技をすっごく丁寧に演じているような気がした。
見ている観客もね、キャー!と言う悲鳴もなし、メイさん登場もしっかり舞台を壊さず、でも沸くところはしっかり沸き、そこは全体が1つにまとまった空間。
まず、その中の1人に私がいられるってことだけで昨日はアツいものがこみ上げてきましたよ。

なにより昨日のロザリンドとオーランドーは私が見た中で一番素敵だった!
オーランドー演じる旬くん。
ロザリンドを強く、真剣に想う気持ちが、今まで見た中で1番伝わってきてね。オーランドーの、純粋でまじめな愛がロザリンドにしっかり注がれていた。
だから余計にナリの演技が際立って、ロザリンドがかわいらしく見えたんだと思う。
ロザリンドの切ない表情、男になろうとして必死にがんばる姿、オーランドーに恋のノウハウを教える時。すべてにおいて、ロザリンドそのものに見えた。
オーランドーとロザリンドがうまい具合に共鳴しあってたどり着いた形なんだろうな〜。2人が最高の演技をお互い出してこそ、あの雰囲気が出せたんだと思う。
本当に昨日の主役の2人はよかったww。

そして洋さん演じるジェイクイズ。
やっぱりジェイクイズが登場すると、ひいき目なしで(多分。)空気が変わる。
特に何かを考え、鬱ぎこんでいるときの彼は、なにか大きなもの、アーデンの森の研ぎすまされた空気のようなものとともにその場にたたずむ感じがした。
まるでアーデンの意思を背負っているかのように。
でもその一方で「阿呆が!!!」とうれしそうに前公爵に話しかける彼は”ジェイクイズ”そのものがそこに存在していて。。。
で、私は思ったの。
ジェイクイズという人は、人生を達観したが故に、宮廷時代からの”ジェイクイズ”という1人の人間として生きていけばいいのか、それともアーデンの森とともに森の宿命のようなものを背負って生きていけばいいのか、そんな迷いがあったから、彼は鬱ぎこんでいたのでは?
だから最後、森に残ることを決断したときに、自分自身にも結論が出せ、あんなにも清々しい笑顔が自然に出たのでは?って。
(これは私の勝手な妄想なので、読み流してくれよ!)

そんな自分なりの(自分勝手なともいう)答えが出せたから、私も今すっごく清々しい気持ちでいられるし、”完全燃焼”と言い切れる!
だからこそ、自分の中での「お気に召すまま」も完結することができた。なので、不思議と「もう1度見たい」という気持ちも起こらない。
うん、この舞台、やっぱりきちんと向き合って見ることができてよかったな。


さてさて、千秋楽独特のカーテンコール。(やっとだよ)お待たせしました。

いつも通りの3回?4回ぐらいのカテコ、いつもだったらここで終わりというところで、リベラの曲が流れてね、その時「待ってました〜!」とばかりにナリが蜷川さんを呼びに客席までダッシュしたんだけど、そこにはすでに蜷川さんいらっしゃらず(^▽^;)。。。
すでに下に降りてスタンバっていたんですね〜。
そこで旬くんが舞台そでへ行って、蜷川さんを引き連れてきました。ナリ、苦笑いでこれまたかわいかった!
そこで恒例の銀の紙吹雪がブワッと!!!
降ってきた瞬間、洋さん「ワォ!」ってお顔。(*≧m≦*)。それがめちゃかわいいのよ!おもわず悲鳴が出そうになったww(^▽^;)
でもさ、洋さん。いつも楽日は紙吹雪だろうが!毎回毎回あんなにも驚かんでも!と内心突っ込みながらもあのオドロキの顔はファンにはたまらんので、やっぱり毎回やってほしいと願ったり。。。
またさ、ナリのおでこに紙吹雪がくっついちゃって、でも本人気がつかず、そのままドレズをブワッっと捲し上げる姿がとってもキュート!
ナリは何度も何度も「ありがとうございました〜」とお辞儀していました。ナリ、よかったなあ、がんばったなあって、彼の喜ぶ姿を見て私、泣きそうになったよ。
もちろん旬くんも「終わったー」と感慨深げな表情だったよ。
だけど、ナリほど満面の笑みはなかったかな。終始ナリに振り回されてた感じだった。その関係もまたカワユイ(*≧m≦*) あ、最後にキッスの嵐もやってくれたよ!おこぼれ1ついただきましたw。
それからも何度も何度もコールが繰り返され、それは照明が明るくなり、場内アナウンスが2度流れてもとまることはなかったほどだった!

すべてが終わったときにはまさに抜け殻状態。
ちょっと席を立つことができませんでした。

これで私の長かった「お気に召すまま」も終わり。
気づけばこれまたメチャクチャ長い感想文。
もうちょっとまとめろよ、自分!!!
でもね、まだまだ書きたりなーーーい(*≧m≦*)


今回、この舞台の再演に当たって、本当に多くの方達とお知り合いになることができ、また、たくさんのメールもいただいたりして、そういった意味でも忘れられない舞台となりました。
こんな一主婦の拙いブログなのに、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
この場をお借りして、本当にありがとうございました。
これから「お気に召すまま」カンパニーも地方へと旅立っていくのですが、私にとってのアーデンの森はこれで終わりです。
カンパニーのみなさん、最後までどうぞお怪我のないようがんばって下さい。
そしてこれから観劇されるみなさんにとって素敵なアーデンの森に会えますように・・・



*なっつんの今日のひと言*
今日はまさに抜け殻状態でした。
1日中ボーーーーッとしてましたww
明日からアーデンの森からもらったものを大切に、また日常の生活にもどるぞー!
こんなレポでもお気に召されましたらポチッとしてくれるとうれしいです。
ありがとうございました。<(_ _)>

posted by なっつん at 14:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 観劇

2007年07月20日

「お気に召すまま」2回目観劇

okinimesumama2-1.jpg
「お気に召すまま」観劇
2007年7月19日 マチネ P列上手側

1回目観劇はこちら

今回、12日ぶりの観劇ということで、全体にとっても進化していました。
1人1人前回よりも生き生きしていて、1回目よりも全然楽しめて観ることができましたよ〜。

ちなみに今、リベラの曲を聴きながら感想書いちゃったりしています。(^ー^* )フフ♪
さて、今回の感想です。

やっぱり、全体で観ると普通でした。
うーん、なんていうのかなあ。
なんか心にズーーーンとくるものがないっていうか。
響かないって訳でもないんだけどなあ。
全体的に中途半端??

でもね、場面場面で観るとお気に入りの箇所がたっくさんあったりして。
全体を観るとあれだけれど、個々にステキな場面が散りばめられていて。。。
そんな舞台なんだってことで。

そんな”ステキ場面”を選りすぐってみました。
(ここから長いよ!)

まず、オーランドーとロザリンドがお互い恋に落ちる瞬間。
あの見つめあう絶妙な”間”がたまらーーーん。(>_<)
とってもステキな場面です。
あ、シーリアとオリヴァーが恋に堕ちる瞬間も前回は唐突と思ったけれど、今回観た時はあの短い間にも堕ちる過程がきちんと丁寧に表現されていて、ステキでした。(*´∇`*)

チャールズとオーランドーが戦う前。
個人的に田村真さんもお気に入りだったりするので、あの場面は上手側でオーランドーを心配する2人をよそに私の目は田村さんに。。。
なんか、オカマっぽい動きしてるんだよね。それがまたかわいーんだよ。(>_<)
「おぉぉぉぉ〜〜〜!」って声もステキです。

それからなによりシーリア。
この方が一番進化していた気がする。
指の先まで美しいのは変わらないのだけれど、とにかくおもしろい。観客のツボを得ているね。オーバーアクションがグンと増えました。

そしてそしてジェイクイズ。
前公爵にタッチストーンの存在を報告する場面。
「阿呆です、阿呆が、森の中に阿呆がいたんです・・・・」って、もう本当にうれしそうに言うんだよ!!!しかも何度も何度も!!!
その”アホウ”っていい方がなんともいい(>_<)
抑揚が聞いてて心地いいんだよね〜。
よっぽど”アホウ”のタッチストーンがお気に入りなの!
ちなみに最後の結婚式のシーンも、タキシード姿のオーランドーがロザリンドを心待ちにしている横で、タッチストーンにしつこく「理由その7」を聞きたがるジェイクイズに釘付けの私。これってどうよと自分に突っ込みながらも、目は洋さんへ・・・

オーランドーにナイフを突きつけられる場面。
カッコいい2人が至近距離!洋さんのオーランドーを見る鋭い視線がたまらん(>_<)
しかもその後の表情の変化がこれまた・・・堕ちた。

前回あまり理解できなかった「この世界すべてが1つの世界」の場面。
自分がビックリした。洋さんの言葉がスーッと心にしみた。特に最後「歯も無く、目も無く、味も無く、、、、何も無し。」と言う時の洋さん。
思い出しただけで震えがくる。
すごい。本当に彼はスゴい!

オーランドーがジェイクイズに「阿呆なら川で溺れていますよ、のぞいてご覧なさい、見えるから」というところ、前回はこんなにもひそひそでなかったよね?しかも皮肉感たっぷり!
ナイス!オーランドー。

ロザリンドにジェイクイズが言い寄るシーン。
「いいねえ君は、若くてきれいで、もっとお近づきになりたいものだ。」って・・・
まるで女性に言い寄っているようで。本当にあなたは鬱ぎ家なの? ワタシャ嫉妬しちゃうよ?!
←ところでパンフに載っていたこのシーンは本番はなくなったのかしら。無いよね?どのシーンにも。ちょっと見てみたかったな。

そしてなにより最後のジェイキス・ド・ボイスの報告を聞くシーン。
周りがお祭り気分で盛り上がっている中、1人何かを決断したかのようなあの強いまなざし。
くぅぅぅ〜〜〜。

まだまだお気に入り名場面が次々と出てくる。書ききれませーん。これでも厳選素材です。
やっぱり好きなのか?「お気に召すまま」。
自分でもよく分からん。


そうか、ジェイクイズの洋さんが好きなのか。(←行き着くところは結局そこかい!)


*なっつんの今日のひと言*
昨日の観劇はダンナと2人だったので、子供たちはバアバに預けていってきました。
その際、先日の”母の劇評”にいただいたみなさんのコメントだけでも見せてあげようと、そのページだけ開いて出かけていったんです。
それを読んだ母は、とっても喜んでましたよ!
本当にありがとうございました。
ささやかですが、母からお礼のメールを預かっています。
コメント下さったみなさん、読んでやって下さいね!

posted by なっつん at 14:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 観劇

2007年07月10日

よ、よ、洋さんが!!!

さーて、そろそろ寝ようかな〜なんて思いながらRayさんのブログにおじゃましたら、ものすっっっごいビッグニュースが!!!
Rayさん、情報ありがとうございます。
我がブログでも紹介しちゃいますね!

もうね、興奮して寝るところじゃなくなってしまいました。

今までフリーだった洋さん。
ついに、やっと、事務所に正式に所属されました!
フロム・ファーストプロダクションという事務所だそうですよ。

そして!来年の「リア王」にも出演決定!!!
なんてうれしいのヾ(@^▽^@)ノ
「リア王」は1回観られればいいかな〜なんて思っていたのに、また観劇回数が増えてしまう。(^▽^;)
この情報をRayさんのところで知って、素直にうれしい!って気持ちがわいてきたんだけど、
「事務所に所属」する事と「フリー」で働く事の違いって何なの??
もうそういう事にまったく無頓着なもので。。。
全然わからないのよー。
フリーっていっても今まで「ニナガワスタジオ」に所属していたのは違うの??
これは別物なのかなあ。

でも、事務所に所属するってことは安定してお仕事ができるってことだよね?
素直に喜んでいいんだよね?

ってことは違う演出家の舞台にも出演しちゃうかもしれないってこと?
でも何となく寂しい気持ちも感じてしまうのは私だけ?

すいません。。。
ただ今管理人の頭は大混乱しております。

もうちょっと気持ちが落ち着いたらきちんと伝えることが出来ると思うので、今日はご勘弁を!

posted by なっつん at 10:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 高橋洋さん