結婚相談所 東京

2007年01月27日

洋さん見たさに

買ってしまいました。しかも2冊。
恐るべし、自分。
洋さんがからんでくると「我慢」の文字が私の頭から消えてなくなります。
いや、だってね、あんまり2冊とも期待していなかったんですよ。載っていてもほんのちょっとだろうなーなんて。そしたらあれまあ結構写ってるじゃないの。
ということでお買い上げです。
「LOOK at STAR」の方は「舞台人100人SPECIAL!!」という項目で、去年活躍した俳優さん100人を紹介したもの。そして、なんと1人1ページずつもうけられていましたよ。(もちろん洋さんも1ページ)写真は以前特集で組まれたときのものだったんだけど、内容がちょっとプライベートな部分が語られていてなかなかGood!! 去年好き嫌いを克服したものっていうのは牛乳とパセリでした。今年はチーズに挑戦だそうです。というか、洋さん、牛乳ダメなんですか?そんなんじゃ強くなれませんよー!

そうそう、ちなみに旬クンももちろん掲載されていました。写真は「間違いの喜劇」が終わってすぐに「タイタスアンドロニカス」の取材を蜷川さんと鋼太郎さんの3人で受けたときのものです。

お次に「Top Stage」
こちらは「恋の骨折り損」についての取材。洋さん、滋さん、悠貴さんにすがっちの4人のインタビュー。4人が会話形式で答えているんだけど、洋さん、なんだかお兄さん的存在でした。写真も滋さんとのツーショット。(^ー^* )フフ♪いいなあ。

あと、2冊とも蜷川さん単独のページも盛り込まれていましたよ。
本人曰く「’07年の注目株」だそうです!
そりゃそうだろ。70すぎのお方が1年で11本舞台をやろうっていうんだから。
相変わらずお若いなあ・・・


posted by なっつん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 高橋洋さん

2007年01月22日

高橋洋さん@LOOK at STAR!

いえねぇ、洋さんファンではない人にとってはたいした記事ではないんですけど、1月27日発売のLOOK at STAR!に、洋さん記事が再び載るそうです。
またもさい芸シェークスピアブログさん情報。
前から常々思っていたけれど、さい芸のシェークスピア公式ブログさん、妙に洋さんを推しているというか、洋さんビイキ?
「高橋洋のひと言」なんてコーナーも作ってくれちゃうしさ。情報も実に事細かに教えてくれる。(どこかのオフィサルサイトとは大違い!)
とにもかくにもうれしい限りなのですが・・・

「昨年克服した嫌いな食べ物」ってなんだろう。チーズか? 34歳で克服した食べ物。興味深いなあ。
どちらにしても27日の発売日が非常に楽しみです!


posted by なっつん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 高橋洋さん

2007年01月15日

高橋洋さんに会いたーい!

今日は待望の「レプリークbis」の発売日。さっそく買ってきましたよ。半ページでしたがカラーです(笑)
しかしまあ、私も洋さん見たさに1500円もする雑誌をなんの躊躇もせず購入するとは。 だって洋さんが雑誌にでるなんて滅多にないことなんだもーん!
ほら、旬クンは本当にいろいろな雑誌に登場するじゃない?だから「たくさん載ってる」「写真が素敵!」「書いていることが的を得ている」の3拍子そろわないとなかなか買わないのね。
でも洋さんは。。。(しつこい?)

でもこの雑誌、その他にも「ひばり」「コリオレイナス」「恋の骨折り損」「朧の森に棲む鬼」その他いろいろ気になる舞台の内容が満載で読み応えたっぷりでした。
「Top Stage」、「Look at STAR!」よりも上質な感じです(笑)
『並走しながら、もっと遠くへ』

常に走っているあの人にがんばってついて行くと、必ず違う風景が見えるんですよ。だからもっと先に行ってみたいと思う。それが原動力になってるんです。

洋さんのインタビュー、最後の言葉です。
もうねえ、洋さんの演技に対する姿勢・想いが大好きですww。

先日「朧の森に棲む鬼」を観劇してきたんですが、洋さんのいない舞台、とくに演出家の違う舞台を観ると「洋さんに会いたい」衝動が非常に高くなるんだよね。
というか、小難しい蜷川舞台が観たくなる。
私は蜷川さんの舞台が好きなんだな。きっと。

なんで蜷川舞台なんだろう。
ちょっと考えてみた。
私はどうやら頭を使う舞台が好きらしい。
とくに何かを伝えようとしているメッセージ性の強い舞台。
演出家が投げかけたメッセージに対して観た側、つまり私がひも解きのように考えていくのが好き。
そして、どんなにつまらない戯曲でも(笑)それをストレートに表現する潔さが好き。
そんな、いろいろな意味で見終わったあともずっと頭から離れない舞台というのはやっぱり蜷川舞台なんだよね。

私は根が暗いってことか?
まじめなんだな、性格が。
もっともっと「問いかけ」の舞台、難しい舞台を私は観たい!
そして爺や曰く「盆栽の松」のようにひねくれた性格をもつ洋さんの演技をもっともっとたくさん観たい!


posted by なっつん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 高橋洋さん