結婚相談所 東京

2006年06月24日

映像での「間違いの喜劇」

先日「間違いの喜劇」がBS2で放送されましたね!
私はこの「間違いの喜劇」大好きです。早く放送されないかなーと心待ちにしていたんだけど、まさかこんなに早くやってくれるとは。。。NHKもやればできるじゃん!
特に好きなシーンはやっぱりオープニング。これからお祭りが始まるよ〜って感じでみんなが登場してくるシーン。最後に慌ててアンティフォラスが登場してくるんだよね。しかも少しはだけてて。でも全然だらしなく見えないところがやっぱり小栗旬。特にこの舞台であらためて旬くんの育ちの良さというか、品の良さがみられた気がしました。立ち姿はまさに王子様なんだよねー。かっこ良すぎだっちゅーの!(つくしちゃん口調)
話はそれたけどどこかの雑誌で蜷川さんが「オープニングですべてが決まる」って言ってたよね?まさに、私はオープニングでこの舞台の虜になっちゃいまいた。


で、やっぱりね、生で観ちゃうと、どうしてもそっちの方がいいに決まっている。その時の空気とか役者さんと観ている人たちの一体感とかは映像では味わえないもんね。
だから、でも、違う見方も出来ました。
例えば、オープニング。(まだのばします。オープニングの話)生で観た時には、あまりに旬くんがかっこ良くて、エフェソスの皆さんが楽しそうで、こっちまで興奮してしまって、全体の雰囲気しか味わってなかったの。でも、今回はもっと冷静に観ることが出来ました。アンティフォラスとドローミオは、このとき兄と弟2役として踊っていたんだー!と、発見したり(マントも帽子も赤と白両方かぶっています。そんなことも気がつかなかったのーって感じだけど。。。)兄の浮気相手(?)の娼婦がリンゴをこぼしたとき、撮影の日は客席にリンゴがころがらなかったんだーとかね。あと、客席では観ることが出来なかった間近での顔の表情なんかはとても新鮮に観ることが出来たし。
そうやって観ていると、やっぱりこの「間違いの喜劇」はおもしろい。何回観ても飽きないんだよね。見終わったあと、なんだか温かい気持ちにもなれるし。
エアロン旬に比べると、やっぱり「がんばってます」感がでていたアンティフォラス旬だったけど、そんな「一生懸命」なアンティフォラスも、今では「この一生懸命さがいいんじゃないか」とすら思えてきちゃいました。
あー、書いていたらまた観たくなってきたー。

今回ね、うちのビデオがショボくてBSの録画とることが出来ないということをちょろっと書いたことがあったの。そしたらね、思いがけず、本当に思いがけずこのブログでお友達になった方からDVDの録画をいただくことになって。
なんだかね、DVDもらう以前に、会ったことも、ましてや顔も知らない私のためにわざわざ時間と手間をかけて送ってくれたってことがすごーーーくうれしくて、感謝の気持ちでいっぱいなんです。へぼブログでも、やってよかったなー。
そしてやっぱりそんなお友達をたくさん作ってくれた旬くんとRUIにも感謝だね。
これからもノンビーリとくだらない話を書いていくブログだけれど、よろしくお願いします。<(_ _)>
なっつんからでしたー。

P.S. この録画があった日、藤原竜也くんがきていたという情報をキャッチ!みんなー見つけられた??
私は、、、これからもう1度確かめてみまーす。

posted by なっつん at 14:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 映像で観た舞台

2006年06月18日

メタルマクベス観劇

stage_metal_img02.gif
6月17日(土)ソワレ。
青山劇場 18時開演 途中25分休憩 22時頃終演

新感線☆RS メタル マクベス
原作   ウィリアム・シェイクスピア
脚色   宮藤官九郎
演出   いのうえひでのり
出演 内野聖陽 松たか子
森山未來 北村有起哉 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 上條恒彦

ストーリー、キャストなど詳しくはこちら!

まず開演と同時にコンサートが始まったかのような爆音が鳴り響いて一気にテンション上がりまくりました!コンサートなんて何年ぶりかしら!
ボーカルは「マクベス内野」こと、内野聖陽(以下ウッチー)。すごい。びっくりした。歌がうまいんですね。ウッチーを初めて意識してみたのが「不機嫌なジーン」の時。あの時の役が私のつぼにはまってね。気になる存在になった。「蝉しぐれ」は観なかったけど、次に観たのが「エースをねらえ」の鬼コーチ。こちらの役も目がはなせなかった。で、今回はメタルバンドのボーカルでしょ?しかも長髪ロンブー。演技もうまくてとにかくビックリした。
松たか子演じるのが、ウッチーの奥さん役。松たか子、生で観るのは初めて。テレビのドラマよりはるかに、本当にはるかにうまかった。オーラがあった。歌も演技も抜群!前半部分は、ランダムスター(ウッチー)が王に成り上がっていくまでを演じているんだけど、その時のウッチーと松さんのバカップルぶりがたまらない!!!2人とも壊れていました。あんな夫婦が実際いたら怖いかも。
後半は、王から脱落してく悲劇。ウッチーも松さんも最後には心の病に取り付かれ、松さん演じるランダムスター夫人は、ついに狂ってしまう。その時の演技が抜群だった。この人本当に狂ってしまっているんじゃないかって思わせてしまう演技。この2人イチオシでした。
次に、北村有起哉くん。「オレステス」にも出演します。どんな演技をするんだろうと注目していました。うまかったー。有起哉くん演ずるグレコは最後まで生き残る重要な役。ランダムスター(ウッチ−)と最後の対決をする時の迫真の演技、本当に泣いていましたね。早く「オレステス」が観たくなりました。また、有起哉くんのメタルバンドの役はベースなんだけど、違った意味ですごかった。あそこまでじぶんをすてられる有起哉くん。あっぱれです。
「リンスはお湯に溶かして使え」を、歌っていました。生で最後まで聞きたかったー!
そうそう、「メタルマクベス」のCDが実際に売られていました。作詞はすべてクドカンです。思わず買っちゃいそうになったけどグッとこらえました。でも、すべての歌の歌詞カードはついていてね。これだけ見ていてもかなり笑える。
そのなかの有起哉くんが歌った「リンスはお湯に溶かして使え」です。

リンスはお湯に溶かして使えシャンプーと間違えたら殺す
俺は風呂なし お前は宿無し
もう2週間 風呂入ってねえ
だけどリンスはエブリディ・・・

こんな感じの歌が全20曲はいっているCDです。劇中でももちろん歌うんだけど最後まで歌わなかったりした歌があって、聞きたかったー。
あ、でもパンフの中にDVDが入っていて、「リンスはお湯に溶かして使え」と「ダイエースプレー買うてこいや」がフルバージョンで収録されていました。パンフもLP仕立てに出来ていて、遊び心満載の3000円です。

だいぶ話がそれました。。。すいません。しかし長いねえ。ごめんね、まとめられなくって。。。まだまだ続くよ。

森山未來くん。彼を初めて見たのがやっぱり「ウォーターボーイズ」です。彼、5歳の頃からジャズダンスをやっていて、タップダンス、クラシックバレエ、ヒップホップとすべて踊れる21歳です。ダンスが踊れる役者じゃなくて、演じることが出来るダンサーって感じかなあ。とにかく踊りがうまい!うわさで聞くより1度見るべし!って感じです。役どころは、かなーり演出家にいじられておもしろいんだけど、(バカ息子役と、ズルッパゲ王の息子役で、息子もズルッパゲの2役)そのいじられた格好でのダンス、見応えありました。すごいけれど笑ってしまう。

本当に役者さん1人1人、みんなうまかったです。

今回ね、実は私、ミュージカル以外での劇って蜷川さんのものしか見たことがなくて、初めての「劇団☆新感線」観劇でした。蜷川舞台とは全く違った構成。すごーーーくビックリしました。こんな舞台の世界もあるんだと。だってあまりに違うんだもの。
「劇団☆新感線」本当に良かったです。4時間終止笑いっ放しだし、基本的にミュージカル好きな私にとって、ミュージカルのようなコンサートのような演劇、たまりませんでした。
でも、でもね。前半部分は王に成り上がっていく過程を描いていたので、心から楽しんで観られたから良かったのだけど、後半部分のシェークスピア「マクベス」は、本当に悲劇そのもの。「メタルマクベス」も、このシェークスピア「マクベス」に忠実だったので、話の本筋はとても悲しいんです。ウッチーも松さんも本気で泣いているし、心が壊れていく様はすごかったし。でも、そういう演技の途中でも必ずと言っていいほどギャグや笑いが割り込んできてしまい、私的にいえば、もうちょっと控えてほしかったかなあと。話の本筋にのめり込むことがいまいち出来ない状態でした。何もそこまで笑いを取り込まなくても良かったのでは。と、それだけが心に引っかかりりました。
でも、そんなことをひっくり返してしまうぐらい、おもしろかったです。
帰りの雨もなんのその!心はヘヴィメタだぜー!と、とてもHappyな気分で帰路につくことが出来ました。

posted by なっつん at 11:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 観劇