結婚相談所 東京

2006年03月26日

『間違いの喜劇』観劇

17.jpg


去る2月の12日、『間違いの喜劇』という蜷川幸雄さん演出のシェークスピアを見てきました。
見るきっかけとなったのが我らが「小栗旬」くんが主演っていうこと。
小さい時から親にミュージカルなどいろいろ連れて行ってもらっていたんだけど、結婚してからはトンとご無沙汰。
そして、子供もそろそろ手がかからない年齢になってきたということでムーちゃん(ダンナさん)にお願いして行ってきちゃいました!
12日は母親と一緒に!母親は新聞の記事を読んで行きたいと思ったらしい。

そして待ちに待った2月12日。あんなに待ちこがれた12日。でも今日を過ぎると終わってしまうという悲しみ。。。
そんなごちゃまぜな感情を抱きながらいざ「彩の国芸術劇場」へ!

行く前から毎日チェックしていた「彩の国シェークスピアblog」のおかげで、公演1時間前に開かれたプレコンサートもしっかり聞いてきました。途中から笠松泰洋さんも参加してくれ、とても得した気分♪

プレコンサート終了後、ホールに向かうともう既に舞台が始まっているかのような楽器隊演奏の演出があり、気分は最高潮です!
いよいよ幕開け。全面鏡張りのセットに圧倒され、出演者全員の登場(あれ?旬くんは??と思ったとたん、猛ダッシュできました!!!)、楽しいダンスで始まり、キャスト全員男だとわかっていながらも、美しすぎる月川さんと内田さん。道化役の高橋洋さんはうまいうまい!!!そして旬くんのいるだけで「華」のある演技。はじめて生で見る旬くんの顔の小ささといったら!(吉田鋼太郎さんが一歩下がって写真をとられる気持ちがよ〜くわかりました。。。)

もう、あっという間の2時間でした。
いつまでもこの余韻に浸っていたかったが、家に帰ると夕飯の支度が待っている。
あまり考えたくないけど、それが現実。
この舞台で気持ちを充電して明日からまたがんばるぞ!と思っていたんだけど、ど〜〜〜してももう1度見たくて、チケットをまたゲットしてしまいました。。。
さすがにムーちゃんにはあきれられたけどね。
で、また1週間後の18日に旬くんに会いに行ったわけ。
2度目だと、1回目に興奮して見逃した細かい部分も見ることができ、本当に満足しました。
アー「間違いの喜劇」DVD化しないかなー。絶対買うよ!マジで。

posted by なっつん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇